日別アーカイブ: 2016年10月10日

魚の目(ウオノメやタコ)

魚の目って? ?     ”ウオノメは、通常大人の足の裏や趾(ゆび)などにできる、硬い皮膚病変で、歩行や圧迫により激しい痛みを伴うのが特徴です。中心に魚の眼のような芯が見えるので俗にウオノメと呼ばれますが、面白いことに専門用語では“鶏眼(けいがん)”と言います” 何らかの理由で、一定部位に繰り返し異常な圧迫刺激が加わると、角質が厚く芯のようになり、真皮に向かって楔状に食い込んで行く場合があります。こうしてできたのが魚や鶏の眼のように見えるウオノメです。圧迫や歩行などに伴って、楔状に食い込んだ角質の芯が神経を圧迫して痛みを生じます…  引用(社)日本皮膚科学会 ウオノメやタコの治療は?  タコは、必要に応じて硬くなった角質を軟膏などで軟らかくしたり、スピール膏やハサミやメスなどを用いて除去したりします。 ウオノメの場合、当面の問題として歩行時の激しい痛みをとる必要があります。これには原因である楔状に食い込んだ角質を除去するのが一番です。最も一般的に行われる方法は、ウオノメの大きさに合わせて切ったスピール膏を数日間貼り、角質を軟らかくしたあと中心部の“眼”の部分だけをメスやハサミなどで切りとる方法。また、イボの治療の時のように電気焼灼法や冷凍凝固療法を行うこともあります。 引用(社)日本皮膚科学会 Blog 【足の臭い対策!角質ケアで解消】 RelaxParkでは、タコや、魚の目の角質をトリミング(除去)します。

カテゴリー: フットケア, 角質除去, 魚の目 タコ | タグ: | コメントは受け付けていません。