日別アーカイブ: 2016年10月11日

角質増殖型( 足白癬 )かかとの角質増加症

足白癬の種類は趾間タイプ、小水疱タイプ、角質増殖タイプに分類されますが。 趾間型は、足の指の間に紅斑性局面を示し、ただれや亀裂を伴うことがあります。 小水疱型は、足の底から足の側縁にかけて、水疱、膿疱を示します。ともに梅雨前後に悪化しやすく、かゆみを伴うことが多いのです。 踵のお手入れをまめにする事をお勧めします。 角質増殖型は、かかとを中心に足の底全体の皮膚の肥厚・角化を特徴とします。かゆみは少なく、冬もあまり軽快しません    

カテゴリー: かかと 足の臭い, フットケア | コメントは受け付けていません。